1日でもOKの自動車保険!ちょいのり保険とは?契約内容や保険料について

2021年11月1日

Pocket
LINEで送る


親や友達の車を運転することになった時、もしも事故を起こしてしまったら・・・そんな時に800円という少額で1日から入れる自動車保険があります。

それが東京海上日動の1日自動車保険「ちょいのり保険」です。
東京海上日動のちょいのり保険

もし借りた車の自動車保険に運転者の限定条件(運転者年齢や家族限定のみ担保など)が無い場合は、誰が運転しても保険を使うことができますが、他人の自動車保険を使用してしまうとノンフリート等級が下がってしまうのでとても迷惑がかかります。

また、自分で所有している車の自動車保険でも他車運転特約がついていれば、他人の車で事故を起こしてしまった場合でも自分の自動車保険で補償することもできますが、自分の自動車保険の等級が下がってしまいますよね。

そんな時に利用したいのがちょいのり保険です。ちょいのり保険なら、事故を起こした場合に車の所有者の自動車保険を使わなくて済むことや、保険等級が下がってしまうリスクを避けることができます。

ちょいのり保険はどのような時に使えるか

  • 車を所有してないけど、時々親に借りたり近しい友人から車を借りて運転することがある
  • 仲間でドライブや旅行に出かける際に、車の所有者と交代で運転をすることがある

このような場合にちょいのり保険に入っておけば、万が一事故を起こしてしまった場合でも車の所有者の自動車保険を使わなくて済みます。

他人の車で事故を起こしてしまったときに、その人の自動車保険を使うのってとても気が引けてしまいますよね?

事故を起こしただけでも申し訳ないのに、保険を使うことで保険等級が下がって来年度からの保険料が上がってしまうというさらに迷惑が掛かってしまいます。

ちょいのり保険ならそんな心配も無用です。

保険料もとても安く車両補償無しのプランならなんと24時間で800円という安さ!!
300万円までの車両補償有りのプランでも24時間あたりたったの1,800円で加入できます。

とてもリーズナブルな保険料で安心を得ることができます。

ちょいのり保険の補償内容

ちょいのり保険は24時間で800円という安い保険料ですが、補償はとても充実しています。
通常の自動車保険と遜色ないくらいの補償内容なのでとても安心です。

★ちょいのり保険は補償の範囲によって異なるプランが3つ用意されています。

  1. シンプルプラン(車両補償なし):24時間あたり800円
  2. レギュラープラン(車両補償あり):24時間あたり1,800円
  3. 車両補償ありプラン(弁護士費用補償もプラス):24時間あたり2,600円

★補償内容
<全プラン共通>

対人賠償保険無制限
対物賠償保険無制限
対物超過修理費用特約50万円まで
搭乗者傷害1,000万円
自損事故特約あり
ロードアシストレッカー移動や緊急時応急対応が15万円まで
付帯サービス燃料切れ時のガソリン配達サービスが無料

<車両補償ありプラン限定>

車両補償ありプラン支払限度額:300万円 (免責:15万円)
弁護士費用特約プレミアムプランのみに付帯

1日から加入できる自動車保険でここまで手厚い補償があるのはとてもありがたいですね!

ちょいのり保険の申し込み方法

はじめてちょいのり保険に加入するためには、まず事前登録が必要です。

ただし、コンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)から申し込む場合は事前登録は不要です。

事前登録は、スマートフォン、パソコン、Alexaから申し込みができます。

★携帯電話やスマホから事前登録する場合は
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/guide.html#anc-step01
リンク先のページのQRコードからアクセスし、空メールを送信するとちょいのり保険から折り返しメールが届きます。

そのメールに記載のURLから登録フォームへアクセスして事前登録を行います。

車を借りる当日に保険の申し込みはできる?

ちょいのり保険を初めて利用する場合でも、車両補償なしプランなら事前登録したその日に同時に保険の申し込みができます。

ただし、車両補償プランありを申し込む場合は、利用日の7日前までに事前登録を済ませておく必要があります。
*2回目以降の利用の場合は、すべてのプランで当日申し込みができます。

保険料の支払い方法

ちょいのり保険の支払い方法は申し込む方法によって2種類あります。

  1. 携帯電話やスマホで申し込みをした場合は、各キャリアの電話料金と一緒に引き落としかクレジットカードが利用できます。
  2. ローソン、ミニストップのLOPPIで申し込みをした場合は、レジで保険料を現金支払い。

保険の補償となる対象車及び車種

ちょいのり保険に加入できる車は、自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)です。

4ナンバーの貨物自動車や軽自動車は加入できないので注意が必要です。
例えば、トヨタハイエースバン、軽トラックなどが該当します。

ちょいのり保険に加入できない対象外の例や対象外の車

  • レンタカー
  • カーシェアリングの車 ※1
  • 運転者ご本人(記名被保険者)
  • 運転者ご本人(記名被保険者)の配偶者
  • 法人が所有する車

※1:個人間のカーシェアリングサービスを利用し、個人が所有する車を借りる場合は加入できます。

保険がかけられる対象になるのは、友人の車を運転する場合や親、兄弟などから借りた車などが主な利用シーンですね。

例えば、友人の車1台で旅行に行き、途中で運転を交代するかもしれない場合などに入っておくと安心です。

ちょいのり保険に加入できない車種

ちょいのり保険に加入できる車は、自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)ですが、一部例外があります。
加入できない車種は、ちょいのり保険のHPに記載してあるので、利用する際は確認してください。(R3.11現在の車種を記載しておきます)

  • NSX(ホンダ)
  • アストンマーティン(アストンマーティン)
  • センチュリー(トヨタ)
  • ダイムラー(ジャガーカーズ)
  • フェラーリ(フェラーリ)
  • ベントレー(ベントレー)
  • ベントレー(ロールスロイス)
  • マイバッハ(ダイムラークライスラー)
  • マセラティ(マセラティ)
  • ランボルギーニ(ランボルギーニ)
  • ロールスロイス(ロールスロイス)

以上の車種では加入できません。( R3.11 現在)

また、4ナンバー(貨物車)や2輪車も加入できません。4ナンバーでも乗用車に見える車もあるので、注意してください。

いわゆる高級車!?では保険に加入できないことになっています。なかなか乗る機会がない車ですが、一応覚えておきましょう。

いわゆる高級車!?では保険に加入できないことになっています。なかなか乗る機会がない車ですが、一応覚えておきましょう。

面白かった!役に立った!と思ったら 
いいね ! お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る