くるまとドライブ好きにおすすめの情報サイト

くるどらネット

コスモのマイカーリースで事故!いざという時に困らないための任意保険選び

投稿日:


コスモスマートビークルでカーリースをする場合の任意保険はどうすればいいの?とお悩みではありませんか。

コスモスマートビークルのリース料金には自賠責保険が含まれていますが、自賠責だけでは心もとないと感じる方も多いことでしょう。

 
事故はいつどんなタイミングで起こるか誰にも予想できません。

 
万が一に備えるためにはカーリースでも任意保険に加入することを強くおすすめします。

 
ここではカーリースに必要な任意保険選びに必要な知識をコンパクトにまとめました。

自賠責保険と任意保険の違いがイマイチ分らないという方から、たくさんある任意保険から自分に合う補償を選ぶポイントを知りたいという方を対象に解説していきます!

 

コスモスマートビークルのリース料金に含まれるのは自賠責保険のみ

コスモスマートビーグルには3つのパックが用意されています。

ゴールドパック

  • 車検、税金、メンテナンスなど車に必要な費用が全て含まれている
  • 自賠責保険が含まれている

シルバーパック

  • タイヤ、ワイパーゴムなどの消耗品のメンテナンス料やロードサービスは含まれない
  • 自賠責保険が含まれている

ホワイトパック

  • 車検やメンテナンスは契約者が負担する
  • 自賠責保険は含まれていない

自賠責保険がリース料金に含まれているのはゴールドパックとシルバーパックのみ!

リース料金やパックの違いを詳しく ⇒ コスモ石油のカーリース スマートビークル

 
自賠責保険は車やバイクを運転する人の加入が義務付けられていることから強制保険という呼び方をすることもあります。

 
ホワイトパックを選ぶと自分で自賠責保険加入の手続きを行う必要があるためカーリースの手軽さから遠のいてしまいますね。

自賠責保険は万が一の事故の際、相手方への補償に使うことができますが最低限の補償に留まります。
自賠責保険の補償

  • 相手がケガを負った場合の限度額120万円まで
  • 相手が死亡した場合の限度額3,000万円まで
  • 相手が後遺障害を負った場合の限度額4,000万円まで

たったこれだけの補償内容です。
自賠責保険は相手や自分の車の修理代、他人の家屋や店舗の修理代、自分のケガや死亡については一切補償されないことを覚えておいてください。

 

注意ポイント

これまでの事例では自賠責保険の補償額を含めても億を超える金額が請求されているケースがいくつもあります。

何億という請求が来た場合あなたは一生をかけて支払うことができますか?


 
一方、保険会社の任意自動車保険は補償内容が充実しています。

任意保険の補償

  • 相手がケガを負った場合無制限(対人賠償)
  • 相手が死亡した場合無制限(対人賠償)
  • 相手が後遺障害を負った場合無制限(対人賠償)
  • 相手の家屋や店舗の損害無制限(対物賠償)
  • 自分自身のケガや死亡(人身傷害)
  • 搭乗者のケガや死亡(搭乗者傷害)
  • 自分の車の修理(車両保険)

保険会社のプランによって細かい点は異なりますが自動車保険の多くはこのような補償内容で契約されています。

対人賠償や対物賠償は無制限に設定しておくことで、何億という損害賠償額になっても被害者を補償することができるのです。

 
コスモスマートビークルのゴールドパック、シルバーパックの料金に含まれている自賠責保険だけでは万が一の事故の時に十分な補償ができるとはいえません。

カーリースの新車に乗れる手軽さや月々の支払額は魅力的ですが車を運転する以上は任意自動車保険の加入をご検討くださいね。

 

自動車保険の契約は比較しないと損しますよ!
保険料のほか、保険会社による独自の安心の事故対応サービスにも違いがあります。

オススメ ⇒ 自動車保険見積もりのインズウェブ

 

事故だけじゃない!盗難や当て逃げに遭ってしまってもすべて自己負担!

今までは大丈夫でもいつか自分の車の補償が必要になる日がくるかもしれません。

  • 車同士の事故で車が壊れてしまった
  • ガードレールや電柱にこすってしまった
  • 当て逃げをされてしまった
  • いたずらや落書きをされてしまった
  • 盗難に遭ってしまった
  • 台風や洪水で車の修理が必要になった

こういったケースで自分の車の修理費をカバーできるのが自動車保険の車両保険です。

車両保険に入っていない場合は全て自費で支払う必要があります。

 
車同士の事故の場合は相手の対物賠償から保険金が支払われます。

例えば、車同士の事故で双方が加入している保険会社の話し合いによって決められる過失割合が8対2となったとします。

この場合、自分の過失分「2割」については補償されません。
しかし車両保険に入っていれば自分の過失分であっても保険金が支払われます。

 
想定外の事故や災害に備えられる車両保険ですが、車両保険はつけていないという方が案外多いのも事実。

車両保険の補償額は契約時の車の時価相当額で設定されます。

時価相当額は経過年数によって減っていくため、いざ車を修理しようと思っても十分に補償されないことがあります。

 
そのため中古車や購入から何年も経過している車の場合は車両保険をつけない方が保険料を安く抑えられるというメリットがあるのです。

 
コスモスマートビークルは3年・5年・7年の契約で新車に乗ることができますから車両保険をつけておくと安心ですね。

初めの1年ないし2年は車両保険をつけて以降は車両保険を外すというように、自動車保険の契約更新のタイミングに合せて保険内容を見直すこともポイントです。

 

カーリース対応の自動車保険選び

カーリースの車で任意保険に入るには「カーリース対応保険」と通常の「自動車保険」から選ぶことができます。

 

コスモスマートビークルのカーリース対応保険




 
コスモスマートビークルにはカーリース対応保険が用意されています。

  • 1年ごとの更新手続きが不要
  • 車両保険がついている
  • 現在加入中の保険会社の割増引を継続できる

 
このような3つの特徴があり、対人・対物はもちろん無制限

人身障害保険5,000万円、入院低額給付金10万円の他、法律相談費用や法的な書類作成費用などがカバーできる弁護士特約も付帯しています。

 

一般的な自動車保険は1年ごとに契約を更新し事故がなければ等級があがります。
通常は6等級からはじまり最高で20等級まであがっていきます。

等級が高くなると事故を起こすリスクが少ないと判断され保険料の割引率が大きくなるというメリットがあります。

歩行者にケガをさせる事故を起こした場合では等級が3つダウンし3年間事故有の等級が続きます。同じ等級でも無事故と事故有では保険料が変わります。

 
コスモスマートビークルのカーリース対応保険は、「車両費用特約」を付帯すると事故が起こっても等級ダウンによる保険料アップはありません。

10等級5年契約の場合、事故が起こっても10等級が満期まで適用され5年間の保険料支払額は481,010円(一時払い)。5年後は11等級事故有数適用期間1年が適用されます。
 

お得に見えるカーリース対応保険ですが、事故なしの場合条件によっては「車両費用特約」を付帯しない方が保険料が安くなるケースがあります。

そのためコスモスマートビークルのカーリース対応保険だけでなく他の自動車保険も比較・検討をすることをおすすめします。


参考までに…
コスモスマートビークルのカーリース対応保険は、運転者年齢条件26歳以上、記名被保険者開始時期年齢52歳となっています。
例えば、車を主に運転するお父さんが56歳、お父さんの車を自由に運転できる娘さんが26歳であれば加入条件を満たしています。
 
事故を起こしやすいとされる26歳未満は加入できないのでコスモスマートビークルのカーリース対応保険以外の任意自動車保険を選ぶことになるでしょう。
 
また、自動車保険はライフスタイルに合せた見直しをすることも大きなポイント!
一般的な任意自動車保険の場合、娘さんが結婚してお父さんの車を運転しなくなった時に「35歳以上」「本人限定」に設定すると保険料が安くなるケースがほとんどです。

 

自動車保険の補償内容はここが大事!比較・検討するポイントはここ!

自動車保険の比較・検討する際に気をつけたいポイントをチェックしていきましょう。
 

対人対物は無制限が基本!

億を超える高額賠償になることがあるので無制限が基本です。広大でのどかな田舎道しか運転しないというケースでは対物を5,000万円までにして保険料を抑えるという方法もありますが、節約できる保険料は年間数千円程度!数千円を節約するよりも万が一の事故に備えておくほうが賢明です。
 

ロードサービスは重視しない!

コスモスマートビークルのゴールドパックにはロードサービスがついています。
自動車保険を比較・検討する際はロードサービスにこだわる必要はありません。
 

車の使用目的は?

日常・レジャー、通勤・通学、業務といった使用目的で保険料が変わります。どんな風に車を使うのか確認しておきましょう。
 

年間走行距離も把握しておこう!

3,000km以下、3,000km超~5,000km以下、5,000km超~10,000km以下、10,000km超~15,000km以下、15,000km超といった区切りで保険料が変わります。

年間走行距離が短いほうが保険料が安くなるので、帰省や旅行で長距離を運転するかどうか確認しましょう。
 

誰が運転する?年齢は?

運転者本人のみ、家族のみなら運転者限定特約で保険料が安くなります。運転者年齢条件は条件なし、21歳、26歳、30歳、35歳以上というように区切られていることがあります。年齢を指定しない条件なしが保険料が高く年齢が上がると保険料が安くなります。
 

特約が重複していないか確認しよう!

「人身傷害」「弁護士特約」「個人賠償特約」「ファミリーバイク特約」は1つの契約で記名被保険者とその家族が補償されます。

ご夫婦で1台ずつ車を所有している場合はこれらの特約が重複してしまうことがあります。特約の重複をなくせば保険料を節約できますよ。
 

アルソックやセコムが駆けつけてくれるサービス付きの保険も候補に

事故に遭った時パニックになって冷静に対応できないことがほとんど。隊員が駆けつけてくれるサービスつきの保険なら、現場の安全確保や事故状況の確認、救急車の手配まで行ってくれます。

参考:【セコムやALSOKが駆けつける】事故現場急行サービスの対応と評判とは?
 

車両保険も検討しよう!

新車は盗難に遭った時や事故の全損が心配ですよね。新車に乗れるコスモスマートビークルは車両保険に入っておくと安心です。
 

割引制度の有無も見逃さない!

インターネット割引、早期契約割引、ゴールド免許割引、証券不発行割引、ご友人・ご家族紹介割引など自動車保険には様々な割引サービスが用意されています。

保険会社によってはこれらの割引制度を併用(例:インターネット割引+ゴールド免許割引)できることもありますよ。

 
このように、ひとくちに自動車保険といっても抑えておきたいポイントはたくさんあります。

しかし、数ある自動車保険の料金やサービスを調べて比較するには時間がかかりますし面倒に感じてしまいますよね?

 
そこでおすすめしたいのが、自動車保険の一括見積サービスです。
 
運転者の年齢、事故の有無、車種、現在の等級、希望する補償内容等を入力するだけだからとっても手軽!
複数の保険会社の合計保険料が算出されメールで送られてきます。

煩わしい電話勧誘や自宅訪問営業はありませんのでご安心ください。

ぜひ自動車保険の一括見積サービスであなたにぴったりの自動車保険を見つけてくださいね。

おすすめの一括見積サービスはここ。
インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険見積もりのインズウェブ

-カーリース
-

Copyright© くるどらネット , 2018 All Rights Reserved.